八千代台カイロプラティック整体院へようこそ

サイトマップ

電話番号:047-485-9771メニュー

八千代台カイロプラクティック整体院のブログ

整体セカンドヘッダー画像

八千代台カイロプラクティック整体院のブログ

ボールが当たってぎっくり腰? 【ぎっくり腰・腰痛
2018年4月19日 17:50

 

aIMG_1339.jpg

Kさん(20代・男性)、趣味の野球の最中にボールが背中に当たり、翌日から腰に激痛が走るようになってしまいました。

既に4日経っていますが痛みは全く治まらず、少し体を動かすのも恐る恐るです。

 


痛みはボールが当たった箇所より少し下の方で、骨に異常は無い様子。

突然の来院でしたのでレントゲンも撮れず、骨盤のみ矯正することになりました。

ベッドにうつ伏せになるだけでも痛そうです。

しかしブロックを骨盤下に入れると今まで寝てるだけでも痛がっていたKさんが

「痛くないです」

と、楽になっている様子。

この日はブロックだけで終わりにし、ベッドから降りて立ち上がってもらうと

「立っているだけで痛かったけど、今痛くないです。」

と、Kさん。

あの辛そうな様子から、この言葉を聞けて安心しました。


次に来られた時、痛みを気にせず寝れたとおっしゃり、腰の激痛が和らいだ分、お尻の痛みに気がつくようになりました。

この日は腰の背骨の回旋を矯正すると

「立ってて痛くないです」

と、おっしゃったので安心していたのですが、その後施術ベッドで力んでしまった拍子に、また激痛が襲ってきてしまいました。

またもうつ伏せで寝ることが困難な状態に。


数分時間をおいてから浅めにブロック矯正し、座位になってもらい痛みが治まるのを待ちました。

何とか帰れるようになり、次回の来院まで心配でしたが意外にも

「2日目から良くなってきました」

と、普通に歩いて玄関から入って来られました。

 触っただけで身体をよじるくらい痛がっていた患部は、押圧しても痛くありません。

腰も捻れるようになってます。

「良かった!」

一番喜んだのはたぶん私だと思います。


Kさん、あともう少しです。頑張ってまいりましょう。

 

八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 


ハイヒール健康法 【椎間板ヘルニア・坐骨神経痛
2018年4月10日 17:57

 

flower91.jpg腰からお尻、太腿に軽い違和感を感じて来院されたHさん(60代・女性)。

ぴったりとフィットしたジーンズ姿からスタイルの良さが分かります。

 


骨盤を矯正しベッドから起き上がってもらうと、腰やお尻の痛みは無くなったようで、身体をひねりながら確認されていると

「先生、ここあったかくなってる!触ってみて」

とおっしゃいました。

今まで痛がっていたHさんの腰に指を当ててみると、ジワーッとすごい熱を感じます。

「ここ、矯正されて血が流れたみたい!」

と、Hさん。

こんなに熱くなることもあるのかと、私もびっくりしてしまいました。

帰り際、姿勢などについて質問されたのでそれに答えると、今度はHさんが美と健康に関する持論を私に話してくれました。

 

Hさん曰く、ハイヒールは歩き方が良ければインナーマッスルが鍛えられ、身体に良いというのです。

下っ腹を引っ込めて踵でなくつま先で歩くこと、綱渡りのように両足で1線上を歩くこと。

やってみると骨盤底筋が引き上がり、私のO脚気味の右足も内側に重心がかかるので、膝も痛まず歩けます。

「先生、中途半端な高さはダメよ、10センチでやらなきゃダメよ!」

と、Hさん。

骨盤に悪いとされていたハイヒールが、歩き方次第で意外にも、身体に良いかもしれません。

Hさんはこれをずっとやっているのでスタイルも良く、本当にインナーマッスルが鍛えられ、坐骨神経痛がすぐに良くなったのでしょう。

 

私は10センチのハイヒールなんて履いたことがないので、Hさんの言う通りには怖くて出来ませんが、案外つま先で歩くにはヒールが高い方が楽かもしれません。


ハイヒールで歩いてみたいと思うけど、外反母趾がひどくなりそうなので、やっぱり私には無理かな。

 

八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 


お別れの季節 【日記・コラム・つぶやき
2018年3月28日 18:43

 

yachiyo1.jpg

4月から新しい環境で生活する患者様が八千代台最後の施術に来院されています。

関西方面に引っ越される方々ばかりで、皆さんアトラス・オーソゴナルの治療院が無いか、私に尋ねておられました。


息子さんと二人で通ってくださったYさん(70代・女性)は、やはり息子さんの転勤で八千代に来られたのですが、1年経ってやっと街に慣れたところでまた転勤。


ずっとマンションに一人引きこもっていたYさんが、八千代台で偶然Yさんと同じ福島が故郷のお友達と出会い、動悸・めまいも治り、みるみる明るく元気になったというのに残念です。

おっとりとして、泣いてた赤ちゃんもYさんの顔を見ると泣き止んでしまう、お地蔵様のようなお母さんでした。

福島訛りや、Yさんがゆっくりと帰っていく後ろ姿がかわいくて、私の方がほっこりと癒されていました。


「先生、今までアリガトね」

と、Yさんがハンカチを目にあてられた時、私までグッときてしまいましたが、次の患者様が部屋に入って来てくれたおかげで涙を抑えることが出来ました。

 

「私、年寄り好きだから、年寄り見つけて仲良くするの」

と、人見知りだったYさんが、八千代で暮らして少したくましくなったようでした。

とはいうものの、おっとりしているYさんが関西のスピード文化に入っていけるか心配です。


しかしYさんは、いつの間にかお友達もたくさん出来たし、お孫さんも国立受かったし、身体も健康に向かっているし、よく考えてみると心配していたことが全部うまく運んでいるのです。


「自分は運がいいんだ!」

と思っていれば、関西でもきっと大丈夫。


お元気でね、Yさん。

今までどうもありがとうございました。

 

** 写真は今朝の八千代台 **

桜は今が満開です。

ポップアップすると穏やかな晴天の上空に、ヘリから落ちていくパラシュート部隊を6つ発見。

 

 

八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

アトランタ研修④ 【セミナー
2018年3月13日 17:15

 

bIMG_1364.jpg

朝イチで教室に向うと、既にDR.ロイは静かに座って生徒達を待っていました。

セミナーは昨日の続きで、この日は下肢神経がメイン。

最終日は写真撮影もOKでした。

 

アメリカの生徒さん達は英語の出来ない小さなジャパニーズのおばさんにとても親切で、検体のベストポジションを熱心に譲ってくれました。


神経や靱帯、筋肉が分かるようにカイロプラクティックのためにカットされた検体は、とても貴重でありがたいです。

梨状筋をめくると坐骨神経が現れ、確かに指ほどの太さで下肢へと向かい、切れてしまわないよう丁寧に持ち上げてその走行を追ってみたり、膝蓋骨の下にある大腿骨と脛骨のジョイント部分を観察したりと、2日間にわたり、しっかり頭にやきつけておきました。


セミナーが終わり、別れを惜しみつつ大学を後に。

このあと道に迷い、膝がビックリするほどあちこち走り回り、30分遅れで無事皆んなと合流し、DR.ロイのオフィスへ。

 

私が迷子になることを想定して待ち合わせ時間を決めたのか、DR.ロイのお昼寝を邪魔することなく、ちょうど良い感じにスウェットオフィスに到着し、皆んなで夕食に出かけました。

 

アトラスオーソゴナルの創始者であるDR.ロイと、こんなに近くで普通にお食事できるなんてウソみたい!という気持ちですが、連日の睡眠不足と迷子になって今年一番の運動量で走った疲れで、感激している表情がうまく顔に出ません。

井上先生のおかげでこのようなお食事会に招かれ、一人ひとり直接質問もさせて頂けました。本当にありがとうございました。


振り返ればアメリカにいる間毎日、DR.ロイとサトコ先生にお目にかかっていたのです。

日本に帰って今頃ジワジワと嬉しさを噛みしめ、2日もたたないうちにアメリカロスになり、白い色のカレーを食べたりしながら懐かしさに浸っています。

 

aIMG_1413.jpg

また行ける機会があれば、もう少し英語を話せるように準備したいと思います。


**写真は帰りの飛行機で窓際の外人さんに撮ってもらった雲海**

数秒差で太陽が翼に隠れてしまった!

(今回の旅は最初から最後まで、皆んなに親切にしてもらいました。ありがとうございました)。

 


八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 


アトランタ研修③ 【セミナー
2018年3月 7日 16:56

 

aIMG_1509.jpg

いよいよライフ大学での解剖セミナーです。

人体を皮膚、筋肉、神経、血管、骨と一層ずつめくって参照できる画像テーブル。

回転させたり、部分的にクローズアップして見ることも可能。

各自のスマホにダウンロードも出来ます。スゴイ!

 

 

 

見るだけならば先程のテーブルで良いのですが、年に一度のこのセミナーでだけ検体に触れることが出来ます。検体の維持費たるや相当な額だそうです。

やっぱり本物の人体に触れることは、組織の様子も分かり記憶に残ります。

触ってみると思いのほか硬膜と腸脛靭帯が固いと知り、この固さに対して髄液漏れや靱帯損傷することがあるのだから驚きです。

最も注意深く観察したのは後頭下三角と大後頭神経、アトラス、アクシス。

筋肉の層の間に存在する、か細い神経の走行、ここでしか見れません。

 

丸一日、講義とホルマリン漬けの検体を観察し、髪は2度洗いしないと匂いが取れませんでした。

私たちジャパニーズには特別に質問時間を与えてくださり、先生方が熱心に質問されて良い勉強になりました。ありがとうございました。

 

aIMG_1361.jpg

 

 

そしてお昼は大学近くの中東料理のお店に行きました。


このお店の雰囲気、好きです。

人工的に造作した古さでなく、生活感のある懐かしい感じの古さ。

床と壁の境目なんか、本当にイイ味出してます。


しかもここのお料理はとても美味しかった!


 

aIMG_1362.jpg

お店の名前通り、ひよこ豆をペースト状にしたカレー風味のディップソース(?)が特に気に入りました。


チキンも柔らかいし、下ごしらえをきちんとしているのが分かります。


このお料理はもう一度アトランタに行って食べたい!と思えるほど。



外国の料理って雑だと思っていたので、実を言うと今回の旅の食事はあまり期待をしていなかったのです。

aIMG_1363.jpg

 

 

でもフォーの肉も柔らかそうだったし、ハンバーガーは肉の焼き加減まで聞かれたし、丁寧な仕事をしているんですね。


誤解していてスミマセンでした。


 

 

というかありがたいことに、いつも美味しいお店に連れて行ってもらったおかげかもしれません。


さて明日は、いよいよセミナー最終日となります。(つづく)

 


八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

アトランタ研修② 【セミナー
2018年2月28日 17:29

 

aIMG_1479.jpg

2日目はライフ大学のオープンキャンパスからスタートです。


広い敷地内は自然豊かで楽園にいるかのような鳥のさえずりが、木々のどこからか聞こえてきます。

青空には何本もの飛行機雲が交差して、広いアメリカ、豊かなアメリカに浸りました。


学生の家族も利用できる広いGYMや様々な教室や研究室、カイロプラクティック授業風景、とにかく広くて多彩です。

 

aIMG_1493.jpg

構内は送迎バスで棟移動。

この形のバスは空港でたくさん見かけましたがボディペイントが個性豊かで、シャトルバスとして利用されているようです。


お昼はカフェテラスで使える10ドル分のミール券が配られましたが、まだ胃の調子が悪くランチは食べれませんでした。


時間に追われながらもスウェットオフィスに向い、DR.ロイとサトコ先生に再会し、ありがたいことに前日の施術チェックをして頂きました。

お昼の休憩中、お二人共ありがとうございました。

そして矢島先生のオフィスへ急いで向かいます。

 

aIMG_1341.jpg

NUCCA、施術の様子を初めて見ます。

立位での荷重差を測り、身体の傾きなどをチェックしている様子。

レントゲン撮影はAOと基本は一緒です。これを手技で行うテクニック。

施術を体験した先生方は、

「すごく心地よかった」

と、感想をおっしゃっていました。

矢島先生、お忙しいところ丁寧に教えてくださり、またたくさんのお土産まで頂いて、本当にありがとうございました。


このあとスーパーで買い物し、ホテル近くのレストランで夕食です。

レストランではオーダーが手こずりました。

英語が早いし、メニュー見てもセットとか組み合わせがよく分かりません。

井上先生がいなかったら、ご飯もまともに食べられませんでした。感謝、感謝。

 

aIMG_1357.jpg

まだ少しグロッキーでしたが、朝からチョビチョビとしか胃に入れていなかったので、アメリカっぽく大ハンバーガーを(一番小さいサイズでしたけど)頼みました。


美味しかった。これだけ美味しいのだから、調子が良かったらもっと美味しいんだろうな。


明日はいよいよ解剖セミナーです。(つづく)


八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

アトランタ研修① 【セミナー
2018年2月19日 18:18

 

ac_1268.jpg

2/8~5日間、ライフ大学での解剖研修、DR.ロイ・スウェットとNUCCAの矢島先生のオフィス訪問にアトランタへ行ってまいりました。

アトランティス文明と関りがあるアトランタ、と信じている私としてはとても嬉しい旅です。

 

さて20年ぶりの海外。ESTA申請、航空券の予約など自分で手配するのは初めて。しかも全部英語。

航空券はスマホを空港に持って行く時代になっていたんですね。

成田で久しぶりにお会いする先生方と合流し出発です。


アトランタに到着すると、この日の着陸は揺れがひどく、機内食でもたれていた胃がグロッキーになり、着く頃に乗り物酔いになってしまいました。飛行機で酔うなんて初めて。

少しぐったりしていると、レンタカーで井上先生と北川先生が空港まで迎えに来てくれました。

髪型から服装までシンクロしていて、仲良しブラザーズのお二人。

そのままスウェットオフィスに向いましたが、車酔いが悪化し、この不調は二日間続いて、夕食の美味しいフォーも、翌日のランチも食べれず(食べたら吐きそう)私の自律神経、くずれまくってました。


胃と三半規管は弱っていても、DR.ロイにお会いするや嬉しさで疲労はぶっ飛び、いつもの元気な私です。

それもそのはず、DR.ロイに直々に施術してもらえたのです。

 

ac_1307.jpg

 

レントゲン撮影→コンピュータでの分析→正面と横向きの姿勢撮影→レッグチェック撮影→スキャニング→AO施術。

術後も同様の工程をレントゲンまで全て行い、PREとPOSTをチェックします。

これらのデータはCDに保存し、レントゲンも写真にしてCDと共に患者様にお渡しするのです。

「カンペーキ!」

素晴らしいと思いました。


夜9時頃までお邪魔し(遅くまでありがとうございました)、この後研修中ずっと親切にしてくださったスウェットオフィスのサトコ先生と一緒に夕食に行き、アメリカのレストラン文化を教わりました。

アメリカって食べきれなかった分は汁物でもお持ち帰りできるのです。感心してしまいました。

あのときのフォー、美味しかったのに車に〇〇すると迷惑がかかるのでだいぶ残しました。持ち帰る元気も無かった。

森本先生のように味わいたかった!

 

aIMG_1469.jpg

明日はNUCCAという上部頸椎テクニックを専門にされている矢島先生のオフィス訪問です。(つづく)

 


八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 


 

ぎっくり腰になりそうで 【ぎっくり腰・腰痛
2018年2月 6日 17:11
IMG_1263.jpg

久しぶりにKさん(30代・男性)とAさん(80代・男性)が来院されました。

お二人とも2年ぶりぐらいです。

 

Kさんは腰が辛くなり

「やばい!」

と思われて来られました。

ご自分でぎっくり腰になりそうな加減が分かるようです。

久しぶりの施術後、ベッドから起きると腰を動かして

「これが痛くなくなった」

と、前かがみになって確認すると、寡黙なKさんは少し「ニヤッ」と笑って帰って行かれました。

相変わらずやっぱりニヒルなKさんでした。


Aさんは1年前に手術を受けていたそうですが、身体を動かさないうちに腰痛がひどくなり、またうちに来てくださいました。

久しぶりにお会いしてお話を聞いてみると、難しい手術の成功や、再婚、引っ越と、たくさん喜ばしいことがあったようです。

お会いしていなかったこの1年間の出来事に驚きました。

以前は革靴にスラックスで来られていましたが、奥様のお見立てて温かくて動きやすいカジュアルな服装に変わり、とても幸せなのが伝わってきます。本当に良かったです。

回数券を買ってまた通っていただくことになり、ありがたく思います。

お二人ともお会いできて嬉しいです。

ありがとうございました。

 

** 写真は患者様向けAO解説本 **

患者様にアトラス・オーソゴナルをご理解していただけるように作られた冊子です。

作成してくださった北川先生、ありがとうございました。

 


八千代台カイロプラクティック整体院のHPへ戻る

 

4年ぶりの雪 【日記・コラム・つぶやき
2018年1月24日 13:57
IMG_1249.jpg

6時半に予約の患者様が

「今日、いいんですか?」

と、来院されました。

外を見るといつの間にかうっすらとアスファルトが白くなっていました。


患者様はスタットレスで来られたので、私の帰りの足を心配してくれたのです。

このぐらいの雪なら京成は走る!と京成電鉄には妙な信頼があるので、気にせずいつも通り営業。


施術を終え患者様が帰られると、大通りには人が一人もいません。

いつもは会社帰りのOLさんやサラリーマンがこの通りを歩いているのにとても静か。

電車が来ていないってこと?と、このとき初めて不安が襲ってきました。


掃除もせずに急いで帰り支度。

しかし駅に着くと、電車は少し待っただけてきちんと来てくれました。さすが京成!

と、ここまでは良かったのですが、自宅の駅で降りると停留所には長蛇の列。

バスには乗り切れず、久しぶりに歩いて帰ることにしました。


もう長靴がミシミシいうほど雪が積もっています。

夜なのに明るくていつもと違う風景。

結構きれいな街じゃない、と感心したりして、ほっぺ真っ赤にして、耳がちぎれそうになりながら、もくもくと歩くこと30分。

翌日も歩いて通勤し、治療院の前を雪かきしました。

ご近所さんと

「大変ですねぇ」

などと言いつつも、お互い顔が少しほころんでいるのは、やっぱり雪の珍しさからですかね。

それでも今年はもうこれ1回で、雪は最後と願いたいです。

首を動かせない 【首・肩・腕痛
2018年1月19日 19:46
flower21.jpg

定期的にメンテナンスされているYさん(70代・男性)が奥様を連れて来院されました。

奥様が首を痛めてしまったそうです。

 

 

 

 

振り向くことも曲げることも出来ず、動かすと首が痛みます。

今月下旬に白内障の手術を控えた奥様は、寝ていても痛む首が心配で、Yさんの薦めで一緒に来られました。

「ついでに骨盤も矯正してやってください」

と、奥様思いのYさん。


さっそく施術を始めると、徐々に筋肉が緩んできたせいか奥様の顔からも緊張が取れていきました。

施術が終わると、初めてのカイロプラクティックがとても不安だったのか

「先生の顔を見たら安心してきました」

と、おっしゃり

「なんか首が楽になった感じ」

と、明るい表情で帰って行かれました。

 

2回目も固く縮まってしまった身体を伸ばしてから矯正を行うと、起床時の腰痛も無くなったということです。

レッグチェックをする際も、首の痛み無く仰向けで寝られるようになり、

「うがいもできるようになりました」

と、首を後ろに曲げています。


そして

「もうすっかり良くなりましたよ、元通りになりました。」

と、おっしゃっていただくことが出来ました。


手術に間に合って良かったです。

このまま良い状態をキープするため、これからもご主人と一緒にご来院ください。

 


八千代市の首こり、腰痛、足の痛みは八千代台カイロプラクティック整体院


 

ページの上部へ